title_01.png title_sp_01.png

title_about.svg

共同で創造する「共創(きょうそう)」

社会の変化は今後ますます加速していき、テクノロジーは急激に発達し、現状ある多くの仕事は機械によって代行されていくだろうと考えられています。今の子どもたちは、30年後、僕らが想像もできないような新たな仕事を生み出していることでしょう。これからの社会では、人間にしかできないこと、つまり、創造性が最も大事になっていくのです。

人間は本来、創造的です。しかし、現状の教育では、正解が常にひとつだけで、他はすべて不正解という問題の訓練ばかりです。逆に、自由な発想や他人と違った行動は、正解にならないどころか、まちがったものとして矯正されます。それによって、無自覚に間違えを恐れ、本来の創造性を失っていっているのです。
しかし、実際の社会には、正解がひとつだけで、他はすべて不正解だという問題なんてありません。次々に新たに生み出すことが可能な無限にある解答の中から、他人が喜ぶ解答を創り出せば、それが新しい正解だという問題ばかりなのです。
創造性は、インタラクティブで、はっきりとした境界があるわけではなく、様々な分野の相互作用で、明確な正解も不正解もない問題を乗り越えていくのです。

そして、現状、テストは個人で受け、個人の能力で評価されます。知らずに、個人主義を徹底的に叩き込まれているのです。さらに、現代の多くの人々は、スマートフォンに夢中になっています。身体は徹底した個人になってしまっているのです。

人間は、他者とともにあらゆる体験を通してこの世界について学んでいますし、他者とともに動きながら身体でものを考えています。そして、人間は、チームで創造的な成果を出し、社会を発展させているのです。共同的で創造的な体験、つまり、「共創」の体験、それが、今、人々にとって非常に大事なのではないかと考えています。

チームラボのアートのコンセプトの1つである「同じ空間にいる人々の関係性に変化を与え、他者の存在をポジティブに感じる」という可能性にフォーカスを当てることで、往々にして個人的な活動になりがちな創造的な行為を、共同的で創造的な行為に変えることができるのではないかと考えているのです。

そして、共創を楽しむ場を通して、日々を共創的なものへ変えていけるのではないだろうか、そういう願いから『チームラボアイランド -学ぶ!未来の遊園地-』は、生まれました。

チームラボ

デジタルアート集団。2015年美術展では、モネ展、ルーブル展に続き、国内第3位の入場者数を記録した「踊る! アート展と、学ぶ!未来の遊園地」の他、ニューヨーク、ロンドン、パリ、シリコンバレー、シンガポール、タイ、韓国など、国内外で大規模な展覧会を開催。他、ミラノ万博の日本館や、NHK大河「花燃ゆ」のタイトルバックなど。

whale_s_art_02.png whale_s_sp_08.png