title_01.png title_sp_01.png

top_subtitle_01.png

共同で創造する「共創(きょうそう)」

社会の変化は今後ますます加速していき、テクノロジーは急激に発達し、現状ある多くの仕事は機械によって代行されていくだろうと考えられています。今の子どもたちは、30年後、僕らが想像もできないような新たな仕事を生み出していることでしょう。これからの社会では、人間にしかできないこと、つまり、創造性が最も大事になっていくのです。

人間は本来、創造的です。しかし、現状の教育や日常生活では、創造性は伸ばされるどころか、押さえつけられています。そして、現代の多くの人々は、スマートフォンに夢中になっています。身体は徹底した個人になってしまっているのです。

人間は、他者とともにあらゆる体験を通してこの世界について学んでいますし、他者とともに動きながら身体でものを考えています。そして、人間は、チームで創造的な成果を出し、社会を発展させているのです。共同的で創造的な体験、つまり、「共創」の体験、それが、今、人々にとって非常に大事なのではないかと考えています。

すべて見る

title_02.png title_sp_02.png

title_artattraction.svg

  • art_img_03.jpg

    Sketch Aquarium/お絵かき水族館

  • art_img_03.jpg

    Create! Hopscotch for Geniuses / つくる!僕の天才ケンケンパ

  • art_img_03.jpg

    Light Ball Orchestra/光のボールでオーケストラ

  • art_img_03.jpg

    A Table where Little People Live /小人が住まうテーブル

  • art_img_03.jpg

    Story of the Time when Gods were Everywhere/まだ かみさまが いたるところにいたころの ものがたり

開催概要

会場 壬生町おもちゃ博物館
〒321-0211 栃木県下都賀郡壬生町国谷2300
開催期間 2016年8月20日(土)~9月25日(日)
営業時間 8月/9:30~17:00(最終入場時間は16:00)
9月/9:30~16:30(最終入場時間は15:30)
※状況により入場を制限する場合があります
休業日 9月5日(月)、12日(月)、20日(火)
  • ※状況により入場を制限する場合があります

    主催  下野新聞社
    共催  壬生町おもちゃ博物館(指定管理者:一般財団法人 壬生町施設振興公社)

チケット情報

入場料金 ◆8月、9月土日祝日
一般: 900円(別途おもちゃ博物館入館料 600円)
3歳以上~中学生: 700円(別途おもちゃ博物館料 300円、但し3歳以下は入館料無料)

◆9月平日
一般: 900円(おもちゃ博物館入館料 400円)
3歳以上~中学生: 700円(おもちゃ博物館料 200円、但し3歳以下は入館料無料)

◆前売り券(入場券·入館券セットのみ)
一般: 1,300円/4歳以上~中学生: 800円/3歳: 600円(入館料無料)

※別途、整理券が必要です
※8月全日、9月土日祝日は9:00~、9月平日は9:30~壬生町おもちゃ博物館にて先着順で入場券の販売および整理券の配布を開始します。

アクセス

◆電車でご来館される場合
東武鉄道宇都宮線「おもちゃのまち駅」下車 タクシーで約5分

◆車でご来館される場合
東北自動車道-栃木都賀JCT-北関東自動車道「壬生I.C」から車で約3分
東北自動車道「鹿沼I.C」から車で約15分

チームラボ

デジタルアート集団。2015年美術展では、モネ展、ルーブル展に続き、国内第3位の入場者数を記録した「踊る! アート展と、学ぶ!未来の遊園地」の他、ニューヨーク、ロンドン、パリ、シリコンバレー、シンガポール、タイ、韓国など、国内外で大規模な展覧会を開催。他、ミラノ万博の日本館や、NHK大河「花燃ゆ」のタイトルバックなど。

title_share.svg